辺野古を背に阻止誓う 高良陣営「辺野古強行、消費増税にノー」

出発式で第一声を発する高良氏(左)と集まった支援者ら=4日午前、名護市

 高良鉄美氏の陣営は4日、米軍普天間飛行場の辺野古移設作業が見える名護市瀬嵩の浜辺で出発式を開いた。高良氏は、国による普天間代替施設の移設工事が進む辺野古崎を背に、第一声を上げた。集まった支持者らは高良氏に辺野古移設の阻止を誓った。
 応援弁士としてマイクを握った後援会共同代表の稲嶺進前名護市長は、相手候補に対し「政権与党なら、辺野古推進と言えば良い。言わないが実際は容認であり、政府の言うままだ。こんな人を沖縄の代表として国会に送るわけにはいかない」と批判。相手候補が辺野古移設の是非を明言していないと攻撃を強めた。

 浜辺から見える大浦湾側の工事現場を示しながら、「軟弱地盤や活断層がある。設計変更が大きなハードルだ。できるはずがない」と述べ、移設工事は不可能と訴えた。
 糸数慶子参院議員は「日本の政治の流れを変える選挙だ」と強調。
 安倍政権に対抗する一議席を沖縄から勝ち取ろうと呼び掛け「日本を戦争につながる国にしてはいけない。辺野古に新しい基地は造らせない。それが今回の選挙の争点だ」と声を張り上げた。
 移設反対派もカヌーに乗り、洋上から高良氏への支持を表明。反対活動で使用するプラカードを手にエールを送った。

■高良氏第一声

 糸数慶子議員の重い平和の一議席を、しっかりと守り抜く。それが私に課せられた大きな大きな使命だ。
 辺野古新基地建設強行ストップ。これが第一の争点だ。沖縄の大きな民意に反して工事を強行している。この美ら海を、宝の海を埋め立てることは絶対に許さないという強い気持ちで臨んでいる。
 民意が無視されているという民主主義の根本の問題であり、地方自治権の大きな侵害だ。しっかりと訴え、安倍政権に対峙していく。
 消費税の問題は、沖縄の暮らし、経済を破壊する。過去に消費税がアップするたびに不況を起こしている。県民、国民の暮らしに直撃することをしっかり訴え、増税にノーを突きつける。
 辺野古の問題は、これだけ工事が進んでいるように見えるが、報道によると2.8%で、まだ見えない部分の手が付けられない状態だ。それが軟弱地盤、活動断層だ。国民も共通の課題として辺野古の工事に怒りを持っている。
 子どもの貧困、若者の雇用、年金問題にまで全部関連してくる国の予算のつけ方。こういうやり方では、日本の暮らしと経済を守れない。美ら海、宝の海は絶対に埋め立ててはいけない。命どぅ宝。沖縄戦の教訓だ。私に力を貸してほしい。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る