サイバー防衛拠点設置を インド大使が県に提言

玉城知事を表敬訪問したサンジェイ大使=5日夕、県庁

 駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。インドがIT大国であることを念頭に、沖縄科学技術大学院大学(OIST)にサイバーセキュリティーセンターを設置すべきと提言した。
 玉城知事は音楽に関心が深いことも挙げ「インドと沖縄の音楽祭ができればよい」と期待した。
 玉城知事は「ITを通してテクノロジーは日々更新される。若い人材の交流と育成につなげたい。県も力を入れていく」と応じた。
 サンジェイ氏は、今年1月に駐日大使に就任。本省であるインド外務省では、次官補兼サイバー外交局長を務めた経験がある。
 知事表敬に先立ちサンジェイ氏はOISTを訪問。在籍する15人のインド人職員や学生とも面談した。また、沖縄市にある沖縄こどもの国で行われたセレモニーにも出席した。知事表敬には、沖印友好協会の東門美津子理事らも同席した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る