八重山16強、豊見城下す 9回に一挙5点で逆転 高校野球選手権沖縄大会

9回表、逆転に成功し、生還した八重高の選手らは喜びを爆発させた=8日、北谷公園野球場

 夏の甲子園出場をかけた第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会の2回戦が8日、北谷公園野球場で行われた。出場した八重山高校は豊見城高校を6対4の逆転勝利で破り、3回戦に進んだ。八重高は3点差で迎えた9回表、打線がつながり、一挙5点を奪った。7日に行われた試合は雨のためノーゲームとなり、8日に順延となっていた。
 9回表、先頭バッターの玉代勢英寿君、一番打者の東江響君が連続ヒットで出塁。東江君はツーベースヒットだったため、無死2・3塁となり、チャンスメイク。八重高が反撃の狼煙を上げた。続く宮良忠利君、下地寛太郎君の2人が内野ゴロで倒れるも、その間にランナー2人が生還。3対4と点差を縮めた。
 1点差、ランナーなしで4番打者の比嘉久人君が内野強襲ヒット、続く熊谷将太君がシングルヒットで共に出塁。続く照屋竜雅君(先発投手)が死球を受け、2死満塁となった。打席に立った2年生の伊志嶺拓磨君(16)は、走者一掃のタイムリーヒットを放ち、逆転勝利に貢献した。
 試合結果は次の通り。
 八重山
 000001005|6
 010002010|4
 豊見城
 (八)照屋―砂川
 (豊)宜保(拓)―呉屋
 ▽三塁打=宮里(豊)
 ▽二塁打=照屋(八)、東江(八)、伊志嶺(八)、宮里(豊)、黒島(豊)

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る