ヒアリ集団確認されず 目視と仕掛けで調査 石垣港

ヒアリ調査で仕掛けられたトラップを回収する沖縄県環境科学センターの小笠原敬課長=10日、石垣港内コンテナ集積箇所

 南米原産の有毒外来生物「ヒアリ」の侵入防止のため、環境省は全国の主要港湾65カ所で確認調査を行った。このうち石垣港では委託を受けた沖縄県環境科学センターが10日、石垣港内のコンテナ集積箇所120カ所で目視と仕掛けたトラップを調査した結果、集団でのヒアリは確認されなかったと発表した。個体の調査は、回収したトラップから顕微鏡で確認が行われる。
 ヒアリの毒針に刺されると激痛が走り、アレルギー反応や呼吸困難に陥ることもある。既に生息が確認されている中国、台湾からの定期コンテナ航路を有する港湾で夏と秋の年2回実施されている。
 調査をした同センターの小笠原敬課長は「日本では定着してる巣は見つかっていないが、中国、台湾からの物流が盛んになると侵入する可能性が高まる」と侵入への警戒感を示した。
 沖縄県では石垣港のほか、那覇港で調査され、これまで発見された事例はないという。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る