全国大会出場者へ支援 初めて育成奨励金授与 八重山郡体育協

奨励金を受け取った全国大会に出場する選手ら=17日、石垣市中央運動公園屋内練習場

 八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練習場で育成奨励金交付式を行い、長浜会長から夏季県大会・全国大会へ出場する選手16人に奨励金が手渡された。
 県大会を経て全国大会に出場する個人及び団体を対象に、同会が奨励金を授与するのは初めて。同会は選手の遠征の負担を少しでも緩和しようと、企業に協賛金を依頼する主意書を配布し、17日までに2企業1法人から20万円の資金が集まった。
 長浜会長は「支えてくれた人への感謝を忘れず、悔いの無いよう、ありったけの力を発揮して頑張って下さい」と激励した。

 奨励金を受け取った生徒を代表して8月4日から沖縄市で開催する全国高等学校総合体育大会の陸上・女子400メートルに出場する八重山高校3年の金城あいらさんは「応援と期待を背に、結果で恩返しできるよう最高のパフォーマンスをしてベストを目指して頑張ります」と力強くあいさつした。
 スポーツ育成振興基金についての問い合わせは℡090・1872・2048(事務局・金嶺)または℡090・1163・2189(事務局・牧之瀬まで)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る