選対本部長に聞く 安里陣営「5年、10年先見据え政策」 高良陣営「誇りある豊かな沖縄を」 参院選

■総力戦、運動量で圧倒 高良陣営 照屋義実選対本部長
 ①これ以上沖縄に新たな基地は造らせないと、県民のために全力を捧げた翁長雄志前知事の遺志を引き継ぐ玉城デニー県政を全面的に支援している。「21世紀ビジョン」「アジア経済戦略構想」、次期沖縄振興開発計画を実現させ、平和で誇りある豊かな沖縄を実現する。高良候補は憲法の専門家。糸数慶子参議院議員がこれまで守り抜いてきた「平和の一議席」を引き継ぐ。
 ②新人なので知名度不足が課題で、選挙序盤戦は各地域支部の立ち上げ、組織づくりに時間をかけた。建白書実現のためオール沖縄に結集する政党や労働組合、県民投票で大きな取り組みを行った各地域の島ぐるみ会議を中心に、郷友会、同級生に声掛けなどを行ってきた。反応は日に日に反応が良くなっている。最終盤まで組織戦を展開し運動量で相手陣営を圧倒する。
 ③玉城知事と糸数参議院議員とのセット行動を多く設定し、街頭宣伝に力を入れる。県選出国会議員、県議・市町村議の力を総動員する。
 ④投票率は54%~56%に設定し、過半数の32万6千票~33万票の獲得を目指す。

固定ページ:
1

2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る