離島振興、自公で前進 安里・河野陣営打ち上げ式

ガンバロー三唱で打ち上げた安里・河野陣営=20日、JAおきなわ八重山支店前

 安里繁信氏を支援する「新しい沖縄を創る県民の会八重山連合支部」は20日午後6時から、公明党が比例で擁立した河野義博氏との合同打ち上げ式をJAおきなわ八重山支店前で開き、選挙最終日を打ち上げた。
 選対本部長の大浜一郎県議は「新しい離島振興、八重山を前に進められるのは自公の連立与党政権につながる安里繁信と河野義博候補だ」と主張。
 自民党石垣市支部の石垣亨支部長は「安里氏は離島の輸送費などの物流コストの解消を訴えている。河野候補も食品ロス法案などで実績がある」と強調。

 公明党八重山連合支部の平良秀之支部長は「安里候補は自分は究極のリアリストだと述べた。これからの沖縄を考え、両候補に最後の最後まで呼びかけを」と語気を強めた。
 安里氏のほか、中山義隆石垣市長、外間守吉与那国町長、西銘恒三郎衆議院議員、下地幹郎衆議院議員のメッセージも読み上げられ、最後はガンバロー三唱で締めくくった。 

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る