豪華客船が石垣初寄港 「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」歓迎

セレモニーに参加するピーハーソン船長(右から4番目)、大松会長(右から2番目)、ミス八重山の金城さん(右から3番目)ら=29日午前、ボイジャー・オブ・ザ・シーズ船内(写真左側)。寄港したクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」=29日、石垣港沖

 香港から那覇、石垣島を旅するクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が29日午前、石垣島に初寄港し、石垣島の観光を盛り上げるため同船内で歓迎セレモニー(石垣市主催)が開かれた。市観光交流協会の大松宏昭会長や、ミス八重山の金城純海さんを含めた関係者ら14人がセレモニーで寄港を歓迎し、船内を視察した。
 セレモニーでは、大松会長が船長と記念品の盾を交換、金城さんが船全体を管理するガービン・デニス機関長と、ホテルマネージャーのワーオ・ゲリーさんに花束を贈呈した。船長のピーハーソン・ペアー(55)さんが「個人的に石垣島に来たのは初めてで、日本に来れてうれしい。将来的に新しい港ができ、たくさんの船が来られるようになれば。ベストを尽くしていいサービスを提供したい」とあいさつ。
 大松会長は「石垣島はダイビングなどのマリンスポーツや自然、食などを楽しんでもらえる場所」と船長に石垣島の魅力をPRした。
 同クルーズ船は全長311㍍、全幅48㍍の15階建て。客室は1600室あり、プールやカジノ、美術館、スケートリンクなどもある巨大な豪華客船。スタッフは1231人、乗客3891人。乗客のうち約3000人は中国や台湾からで、残りは欧米など。
 クルーズ船に乗っていたレンさん(52)は「子どもの夏休みに家族で来た。船ならおばあちゃんも一緒に来られる。初めて乗ったがサービスがとてもいい」と感想を述べた。
 同クルーズ船は午前8時半に入港。離島ターミナルでパナパナ会のメンバー10人が四つ竹を手に踊りで観光客を歓迎した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る