伝統・創作の演舞披露 一万人エイサーで魅力発信 那覇

迫力ある伝統エイサーを披露した那覇市松島青年会=4日、国際通りてんぶす前広場

 エイサーの魅力を広く伝えようと第25回一万人エイサー踊り隊(主催・夏祭りin那覇実行委員会)が4日、パレットくもじ前や国際通りで開かれた。創作エイサー24団体と、青年会などの伝統エイサー8団体が参加し、大勢の観衆の前で迫力あるエイサーを披露した。
 夏の恒例行事となった同イベントは、エイサーの伝統を守り、新たなエイサーを育てることを目的に開催。「伝統VS創作」をテーマに、パレットくもじ前などに設けられた8会場で、勇壮で華麗な演舞を繰り広げた。
 同実行委員長・城間幹子那覇市長は「観光総数10万人を目標に、沖縄の夏のエンターテイメントとして、さらに充実、発展させていきたい」とあいさつした。
 エイサーを見た観衆からは「迫力があって素晴らしかった」「飛んだり跳ねたり躍動感があって最高」などの感想があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る