音楽CDを「特産品」に 14年ぶりアルバムきょう発売 PANAさん

 石垣島出身の女性アーティストPANA(パナ)さんのアルバム「PANA」が7日から発売される。6日午後、八重山日報社を訪れたPANAさんは「島の子供たちに夢を持って外に飛び出して、多くの経験を島に持ち帰ってほしい」とCDに込めた思いを語った。
 PANAさんは16歳の時に歌手になるため本土へ進出。29歳で双子の娘を授かり音楽活動を休止していたが、今回14年ぶりに音楽活動を再開。
 3年前、家族で一時的に石垣島に戻って暮らしていた時、娘たちの「お母さん、こんなにいいところで育ったの?」という言葉に「改めて島の良さを教えられた。島の人には愛がいっぱい」と話すPANAさん。音楽を「島の特産品」にできないかと考え、CDを石垣島限定で発売することに決めたという。 
 曲調は三線や民謡と海外のトレンドなサウンドがミックスされた新しいタイプの島ミュージックをイメージ。歌詞には平久保岬やサザンゲートなど島の名所が多く盛り込まれているほか、きいやま商店とのコラボ曲もある。
 CDはBOOKSきょうはん、山田書店、知念商会、ヴィレッジバンガード、ツタヤ、ドンキホーテ、島内のファミリーマートなどで購入できる。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る