3種目で670キロ持ち上げる強者も パワーリフティング選手権八重山地区大会

「スクワット」でバーベルを持ち上げる松田さん(右から2人目)=11日午後、石垣市登野城の特設会場

 第9回八重山地区大会パワーリフティング選手権大会(主催・八重山パワーリフティング協会)が11日午後、登野城の特設会場で開催された。13歳から75歳まで計17人が参加した。3種目で合計670キロを持ち上げた人もおり、会場を沸かせた。
 大会では、横たわりバーベルを持ち上げる「シングルベンチプレス競技」と、直立してバーベルを担ぎ屈伸する「スクワット」、バーベルを置いて持ち上げる「デッドリフト」、「ベンチプレス」の合計重量を競う「パワーリフティング競技」の2競技が行われた。

 会場は、トレーニングジム「ラインズ・フィット」の屋外に設けられた。
 参加者は自身の年齢や体格に合わせた重さのバーベルを持ち上げ、自身の限界に挑戦した。一般の部・男子105キロに出場した松田勇魚さん(29)は、「スクワット」で250キロ、「ベンチプレス」で170キロ、「デッドリフト」で250キロ、合計670キロを記録。叫び声を上げ、バーベルを持ち上げ、集まった他の選手や関係者から拍手と歓声を受けた。
 同協会の与那城馨会長は表彰式後、ベンチプレスの日本記録保持者を例に挙げ「ナンバー1の選手が石垣には1人や2人はいる」と紹介。競技人口の拡大を目指したいと意気込んだ。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る