那覇軍港、辺野古、独立… 知念さんら沖縄問題で「本音」

討論する4人の登壇者と司会の榎森耕助氏=21日、浦添市ハーモニーホール

 「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エレファントライフ)と題した討論会が21日、浦添市ハーモニーセンターで開催された。松本哲治浦添市長、翁長雄治那覇市議、むぬかちゃー(ライター)の知念ウシ氏、花瑛塾の仲村之菊氏の4人が登壇し、沖縄を巡るさまざまなテーマで議論した。
 那覇軍港移設問題で松本市長と翁長市議が討論。松本市長は県、那覇市、浦添市で「話し合いをオープンにして、市民も巻き込んで議論するべき」と訴えた。

 翁長市議は、松本市長から那覇軍港移設問題と普天間飛行場の辺野古移設問題の違いについて問われ「地域の市民にとって負担であることは間違いないが(那覇軍港と普天間飛行場では)軍事的な危険度に違いがある」と述べた。
 知念氏は「沖縄県は今後琉球国として独立し、独立の覚悟で物事を考えていくべき」と持論を展開した。仲村氏は右翼という言葉、天皇制、靖国神社などについて独自の理論を示した。
 司会を務めた「せやろがいおじさん」こと榎森耕助氏は、時おりヒートアップしそうな発言者をなだめ、笑いを交えて議論を整理し「沖縄の精神について考え、現実に起きている沖縄の問題をそれぞれの立場で考えた討論会だった」とまとめた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る