【金波銀波】尖閣諸島の周辺海域では…

 尖閣諸島の周辺海域では、領海警備に当たる海上保安庁の巡視船と中国公船「海警」が対峙しているが、台風が接近しても、巡視船は中国公船が去るまで現場に留まり続けるという。荒波の中、業務は難航を極めるはずだ。安全な場所で日常生活を送る住民には知るよしもないが、国境を守る仕事の大変さは想像を絶するだろう◆尖閣周辺でほぼ常駐している中国公船だが、もちろん台風には勝てない。しかも遠い中国本土から出港しているから、航行の安全上、早めに現場から逃げ出す必要もある。その上、尖閣が属する八重山周辺は、ひっきりなしに台風が襲来する「台風銀座」だ。建前上は尖閣を「固有の領土」と強がっていても、中国公船の乗組員たちは、内心、泥沼に足を突っ込んだような気持ちではないか◆中国公船の航行に要する燃料代も、莫大な費用に達するだろう。日本をしのぐ経済大国になったとはいえ、中国本土から尖閣までの距離を考えれば、決して楽な出費とは思えない。福祉にでも回したほうが賢明だ◆中国政府の強欲は八重山の住民には迷惑だし、巡り巡って中国の国民にもツケとなってのしかかる。中国で将来、それを自覚する指導者が誕生するかがカギだ◆苦しいのは相手も同じ。引き続き、奮闘する海保を応援したい。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る