「日韓の友好推進を」 玉城知事、会見で呼び掛け

会見した玉城知事。訪韓にも意欲を見せた=6日午後、県庁

 玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取って、ともに日韓の友好推進に取り組もう」と市民同士の交流推進を呼び掛けるメッセージを出した。県のホームページに日本語と韓国語で掲載する。
 声明では、韓国からの観光客が減少し、日韓交流イベントがキャンセルされている現状に「このような状況がこのまま続くと、経済の面のみならず、文化、スポーツの交流までもが委縮し、各方面における損失が広がるという負の連鎖が起こる」と指摘。「市民間、地域間の交流を促進することが重要だ」と訴えた。
 その上で韓国国民に対し「皆様を沖縄の『まごころ』からの最大限の『うとぅいむち』(おもてなし)で対応する」とメッセージを出した。
 会見では訪韓についても意欲を示し「具体的な時期は検討中だが、商談会や韓国旅行者の県内視察を呼び掛けたい。キャンペーンも展開したい」とトップセールスに意欲を見せた。
 玉城氏は5日の岩屋毅防相との会談で、韓国と冷静に信頼関係を醸成するよう求めていた。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
  2. 石垣島事件で亡くなった米兵3人を追悼する、米軍飛行士慰霊式典が15日、唐人墓東側の米軍飛行士慰霊碑前…
  3.  石垣市議会(平良秀之議長)は14日の臨時会で、沖縄戦戦没者の遺骨を含む土砂を埋め立てに使用しないよ…
ページ上部へ戻る