市有地提供「早急に結論を」 陸自配備推進協が市に要請

知念部長に要請書を手渡す三木会長(左)=9日午後、市役所(石垣島自衛隊配備推進協議会提供)

 石垣島自衛隊配備推進協議会の三木巌会長らが9日、市役所を訪れ、石垣島への陸上自衛隊配備計画で、沖縄防衛局から提供を求められている市有地の取り扱いについて「早急に結論を出して推進してほしい」と要請した。
 要請書では陸自配備について、複数回の市民説明会、公開討論会、市議会での議論を経て「市民の一定の理解と協力を得た上での本格的な造成工事の着手」と指摘。
 7月の参院選で、石垣市の得票数では陸自配備を推進する候補者が、反対する候補者を上回ったこと、市民団体や市議が提案した住民投票条例案も市議会で否決されたことも挙げた。
 中山義隆市長に代わり、知念永一郎総務部長が要請書を受け取った。
 沖縄防衛局は駐屯地建設予定地のうち、民有地を取得した部分で造成工事を進めているが、予定地の半分を占める市有地は未取得。市は公有財産検討委員会で、市有地の売却、賃貸、国有地との等価交換の3案を検討している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る