2年ぶり阿香木の下 なかどぅ道ぬでとぅばらーま歌う

なかどぅ道ぬとぅばらーま祭に出演する人々=10日夕、なかどう道の阿香木のステージ

 第29回なかどぅ道ぬとぅばらーま祭(主催・なかどぅ道ぬとぅばらーま祭実行委員会)が10日夕、なかどう道の阿香木のステージで開かれた。
 テーマは「いずすどぅ主(歌う人こそ主役)」。審査があるとぅばらーま大会とは異なり、点数に関係なく誰でも自由にとぅばらーまを楽しむのが趣旨。月の見える夜空の下、集まった人々はとぅばらーま祭の雰囲気に酔いしれた。昨年は害虫の影響により、阿香木のステージは中止されていたため、この場所での開催は2年ぶり。
 2008年度とぅばらーま大会チャンピオンの具志堅郁子さん(62)=登野城=は「いつも歌いたいと思っていたがなかなか参加できなかった。こういう雰囲気の中、木の前で歌うのは本当にいい」とうれしそうに話した。
 蔵下芳久実行委員長は「とぅばらーまは女性が男性を『何で昨日の夜来なかったの?』と追及する歌。沖縄には女性が尊敬される文化があり、とぅばらーまもその一つ」と紹介した。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る