玉城知事、辺野古反対訴え 初訪問の衛藤担当相に

基地負担の軽減や尖閣を含む離島の課題など21項目からなる要望書が玉城氏(写真右)から衛藤新沖縄担当相に手渡された=13日午後、県庁

 衛藤晟一沖縄北方担当相は13日、就任後初めて沖縄県を訪れ、玉城デニー知事と県庁で会談した。玉城氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する姿勢を改めて訴え、政府に県側との対話を求めた。衛藤氏は「沖縄振興と基地負担軽減に内閣を挙げて頑張る。本音の話をしたい」と述べるにとどめた。
 玉城氏は、沖縄振興費の増額や、普天間飛行場の県外・国外移設、日米地位協定見直しなど21項目の要望書を提出。「辺野古の基地反対の民意は知事選と県民投票で示されている。対話に真摯(し)に応じてほしい」と注文した。
 要望書では、県が求めた来年度の沖縄振興予算について、満額の確保を要求。沖縄振興一括交付金は概算要求額以上の確保を求めた。各種税制面の優遇延長や、駐留軍用地の跡地利用促進、鉄軌道の早期導入、子供の貧困対策や健康保険事業への財政支援なども要望し
た。
 日台漁業取り決めや日中漁業協定の見直しに加え、中国が領海侵入を繰り返す尖閣諸島(石垣市登野城)について、外交で中国と関係改善を図るよう述べた。
 衛藤氏は「内閣の一員として、内閣の方針に沿わなければいけない」と語り、辺野古移設を進める安倍晋三首相の方針に従う姿勢を明確にした。
 会談後、記者団に「国と県が一致していないところもある。歯車がかみ合うよう、つなぎ役になりたい」と強調。県側と意見交換を重ねていく考えを示した。
 会談前には糸満市の平和祈念公園にある国立沖縄戦没者墓苑で献花。沖縄戦犠牲者らの名前を刻んだ「平和の礎(いしじ)」を訪れた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る