17団体に助成金交付 10月1日から募金開始 赤い羽根

助成金を交付された各団体の皆さん=20日午後、市健康福祉センター第1研修室

 2019年度の赤い羽根共同募金助成金交付式が20日、石垣市健康福祉センター第1研修室で行われ、地域福祉課題への主体的な取り組みを支援する観点から選ばれた17団体に計88万円が交付された。
 市社会福祉協議会・市共同募金委員会の新崎和治会長があいさつし、「昨年は共同募金が530万円あまり、県からの還元額が330万円あった。市の社会福祉向上のために頑張ってほしい」と激励。助成金交付団体を代表して市民生委員・児童委員協議会の島尻寛雄会長が新崎会長から目録を受け取り、「市民から貴重な浄財を頂き感謝。有効に大事に活用したい」と述べた。
 10月1日から、赤い羽根共同募金が開始される。
 助成金交付団体は次の通り。
 ▽八重山保護区保護司会、八重山更生保護女性会、市老人クラブ連合会、八重山地区手をつなぐ育成会、市母子保健推進員協議会、市食生活改善推進員協議会、市民生委員・児童委員協議会、心理リハビリテーション沖縄えいま会、(一社)市ひとり親家庭福祉会、石垣手話サークル碧の会、石垣聴覚障がい者友の会、県里親会八重山支部、字石垣地区地域福祉ネットワーク推進会、双葉地区地域福祉ネットワーク推進会、新川地区地域福祉ネットワーク推進会、天川地区地域福祉ネットワーク推進会、大川地区地域福祉ネットワーク推進会

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る