非暴力・停戦求め祈り 国際平和の日に鐘打式

平和の鐘を打ち鳴らす参加者ら=21日、新栄公園世界平和の鐘

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は「国際平和の日」の21日正午、新栄公園の世界平和の鐘鐘楼前で平和記念鐘打式を開催し、参加者約20人で世界の恒久平和を祈った。
 国際平和の日は1981年から開始。全世界の紛争当事者に対し、24時間の停戦と非暴力を呼びかけるもの。
 正午に合わせ、1分間の黙とうを捧げ、一人ひとりが平和の鐘を打ち鳴らした。
 大濵支部長のあいさつ文を代読した黒嶋克史副支部長は「世界恒久平和の実現の思いをこれからも発信し、争いのない誰もが安心して幸せに暮らすことを願いたい」とあいさつ。
 中山義隆石垣市長のあいさつ文を代読した野底由紀子市民保健部長は「身近な家族、職場、地域、市民が平和への思いを共有し、地道な活動を続けることこそ平和への一歩」と述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る