非暴力・停戦求め祈り 国際平和の日に鐘打式

平和の鐘を打ち鳴らす参加者ら=21日、新栄公園世界平和の鐘

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は「国際平和の日」の21日正午、新栄公園の世界平和の鐘鐘楼前で平和記念鐘打式を開催し、参加者約20人で世界の恒久平和を祈った。
 国際平和の日は1981年から開始。全世界の紛争当事者に対し、24時間の停戦と非暴力を呼びかけるもの。
 正午に合わせ、1分間の黙とうを捧げ、一人ひとりが平和の鐘を打ち鳴らした。
 大濵支部長のあいさつ文を代読した黒嶋克史副支部長は「世界恒久平和の実現の思いをこれからも発信し、争いのない誰もが安心して幸せに暮らすことを願いたい」とあいさつ。
 中山義隆石垣市長のあいさつ文を代読した野底由紀子市民保健部長は「身近な家族、職場、地域、市民が平和への思いを共有し、地道な活動を続けることこそ平和への一歩」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、中国海警局の船が石垣市の尖閣諸島周辺で領海侵入や日本漁船への接…
  2.  石垣市議会(平良秀之議長)3月定例会の本会議が1日開かれ、陸上自衛隊駐屯地の水道施設整備に向けた基…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る