島周遊型の観光目指す 星野リゾート 西表、小浜のホテル取得

リゾナーレ小浜島(右)、西表島ホテル(星野リゾート提供)

 星野リゾートグループは、竹富町西表島と小浜島で株式会社ユニマットプレシャスが建設したホテルを取得し、西表島の「西表島ホテル」が1日に営業を開始した。小浜島の「リゾナーレ小浜島」は来年4月20日にオープンする。星野リゾートは竹富島でも「星のや竹富島」を運営しており、八重山で3軒の宿泊施設を運営する。
 広報担当者は「3島で宿泊しながら周遊してもらい、バラエティに富んだ島々の良さを楽しんでほしい」と、離島の宿泊・周遊型観光の定着に意気込んでいる。

 西表島の「ホテルニラカナイ西表島」は2016年まで、小浜島の「ホテルニラカナイ小浜島」は17年まで、星野リゾートがそれぞれ運営を受託していた。契約終了後はユニマット側が運営していた経緯がある。星野リゾートは両ホテルの取得後、名称を変更した。
 「西表島ホテル」は今年3月29日、不動産投資信託の星野リゾート・リート投資法人がユニマットプレシャスから取得し、星野リゾートがリート投資法人から賃借して運営している。
 「イリオモテヤマネコが棲む島のジャングルリゾート」をコンセプトに、全138室を備えた島最大規模のリゾートホテル。大自然を満喫できるアウトドアアクティビティや、希少な生態系、島の文化に触れるツアーなどを通し、島の魅力を満喫してもらう。

固定ページ:

1

2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る