児童虐待問題を論議 万国津梁会議で委員

委員らは県への意見案に修正意見を述べた=10日午後、なは市民活動支援センター

 児童虐待に関する万国津梁会議(委員長・比嘉昌哉沖国大教授)の第2回会合が10日午後、那覇市のなは市民活動支援センターで開かれ、有識者が県に提出する意見書を審議した。
 委員は比嘉委員長のほか、琉球大学教授の上間洋子氏、兵庫教育大教授の海野千畝子氏、沖国大講師の野村れいか氏、美ら島法律事務所の横江崇弁護士ら5人。
 上間氏は、虐待を受けても助けを求めることができない子が増えていると懸念。横江氏は、弁護士が学校運営に関わり、家庭との問題を解決する「スクールロイヤー」について「先生を支えるだけでなく、子どもらたち意見を言えるよう働きかけをするべき」と求めた。
 野村氏は沖縄の教育改革推進、海野氏は若年妊産婦の問題などを訴えた。比嘉委員長は、全国と比較し、沖縄では精神疾患などの問題を抱える教師が多いとも指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  2.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  3.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  5.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…

ページ上部へ戻る