11月に西表でサップ大会 大会長ら竹富町長表敬

大会開催の報告を受けた竹富町長(中央)と表敬訪問を行った大会関係者2人=16日午前、竹富町役場町長室

 大きめのサーフボードに立ちオールを使って漕ぐスポーツ、通称サップの大会イリオモテ・サップ・グランプリ2019(主催・八重山スタンドアップパドル協会)が11月23日に竹富町西表島各地の海岸で開催される。大会長の徳岡大之氏ら3人が16日午前、町役場に西大舛高旬町長を表敬訪問し、報告した。
 大会参加者は入り江で風の影響が少ない初心者向けのコースから、西表島・鳩間島間を渡る上級者コースまで、自分のレベルや好みにあった4種類のコースから選ぶことができる。大会運営に当たってはダイビング協会の協力を得て6挺以上の船を用意し、安全対策も行う。

 徳岡大会長らは、西大舛町長に大会の概要などを説明。西大舛町長は「行政も支援してサップの全国大会を西表島でやるくらいに取り組んでいきたい」と意気込んだ。
 徳岡大会長は「島の特性を生かしたコース。安全対策もしっかり行っている。特に子どもには、どこまでが安全でどこからが危険なのかまで教えたい」と強調した。
 大会についての問い合わせは事務局℡090・3414・9116まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る