那覇発着のクルーズ開始 コスタ社上海代表 富川副知事を表敬

富川氏を表敬訪問したマリオ氏=17日午後、県庁

 コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は18日から、沖縄初となる那覇発着の豪華客船によるクルーズを開始する。寄港先には石垣島や宮古島、台湾の基隆が含まれる。
 那覇発着のクルーズでは、コスタ・ネオロマンチカ(5・6万㌧、乗客定員1800人)が使われる。沖縄と台湾の間を数日間で巡るクルーズを計3回行う予定で、出発日はそれぞれ18、21、26日。
 コスタ社はイタリアに本社を置くクルーズ会社で、マリオ氏は同社グループでアジア地域を統括する上海オフィスの代表。2015年には日本支社が設立され、横浜や神戸を発着地にした日本クルーズも多数手がかけている。
 マリオ氏は「来年は那覇発のクルーズを10回に増やしたい」と述べ、拠点港として那覇港を重要視すると話した。また、富川氏が9月にロシアを訪問したことにも触れ、ロシア市場も重要視していると述べた。県とも協力したいと呼びかけた。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る