ヤマネコ交通事故死 今年2件目「運転に配慮を」

交通事故死したイリオモテヤマネコ=西表野生生物保護センター提供

 環境省西表自然保護官事務所(西表野生生物保護センター)によると、30日午前6時50分ごろ、西表島北岸のクーラ川東の県道で、交通事故で死亡したと見られるイリオモテヤマネコのオスの成獣が発見された。ヤマネコの事故死は今年に入り、7月に続き2件目。
 ヤマネコは体重4300㌘、全長880㍉。死体は今後、鹿児島大に搬送され、病理検査などを受ける。
 これから冬場にかけ、ヤマネコの繁殖期となり、オスが活発に動き回るようになるため、同センターは「ドライバーは法定速度を守り、ヤマネコに配慮した安全運転を心がけてほしい」と呼び掛けている。
 ヤマネコの目撃情報多発地点などには注意看板が設置されているほか、同センターは運転注意マップを作成し、ホームページなどで公開している。
 ヤマネコの交通事故に遭遇した場合の連絡先は同センター℡(0980)85・5581。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る