成人式 現行支持7割超 生徒や市民、18歳参加否定的 あり方検討委で報告

石垣市成人式あり方等に関する意見交換会の初会合が開かれた=10月31日夕、市教委

 成人年齢を18歳に引き下げる民法改正を受け、石垣市の成人式の参加対象者を見直すべきか検討する「成人式あり方等に関する意見交換会」(前盛善治議長)の初会合が10月31日、市教育委員会で開かれた。石垣市は従来、20歳以上を成人式の参加対象としており、生徒や市民対象のアンケートで、現行の形態維持を支持する意見が7割超を占めたことが報告された。委員からも、現行を維持すべきとの声が相次いだ。

 民法改正は2022年4月1日から施行されるが、成人式の参加対象は各自治体の裁量に任されている。石垣市の場合、竹富町、与那国町出身者も参加している実態があり、他町とも足並みをそろえる必要がある上、各地域でも成人祝賀会が開催されていることから、早期に方向性を示す必要があると判断した。
 意見交換会は公民館、学校、PTA関係者ら10人で組織。事務局の市教委は18歳が成人式に参加するメリットとして法律との整合性など、デメリットとして18歳では精神的に未熟で、進学・受験時期と重なり、離島の保護者の経済的負担が重い―ことなどを挙げた。
 ただ、現行の形態を維持した場合は「成人式」という名称が使えなくなる。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る