「石垣で歌えて幸せ」 夏川りみさん20周年ライブ

故郷凱旋ライブで歌声を響かせた夏川りみさん=10月31日、石垣市民会館大ホール

 石垣島出身の歌手・夏川りみさんが10月31日夕、石垣市民会館大ホールで「みーふぁいゆーライブ2019」を開催し、来場者約1000人が夏川さんの透き通る歌声に聞き入った。
 夏川さんのデビュー20周年と5年ぶりのニューアルバム「美らさ愛さ」発売を記念した同ライブでは18曲を披露。
 NHKの紅白歌合戦でも歌った「涙そうそう」や「愛よ愛よ」などのヒット曲のほか、ニューアルバムからJAL奄美・沖縄世界自然遺産登録推進キャンペーンソングにもなっている「心の呼吸」なども発表された。
 八重山民謡の「月ぬ美しゃ」はしっとりと聞かせ、「安里屋ユンタ」は観客も手の振りをつけて一緒に歌い踊った。
 夏川さんは「石垣で歌えることは幸せ」と話し、同日起こった首里城の火災にも触れ「歌の力で皆を元気にしたい」と心を寄せた。
 読売旅行ツアーで約250人が北海道から関西まで全国各地から参加し、担当者は「想像以上の反響でキャンセル待ちが出るほどだった」とその人気ぶりを話した。
 ライブは美ら花グループ(親盛一功代表取締役社長)創業66周年特別企画の呼び掛けで実現した。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る