気分はパイロット コックピットを木製で再現 JTA

忠実に再現されたコクピットで本物さながらにレバーを動かす女の子=2日午後、市民会館大ホールロビー

 日本トランスオーシャン航空㈱(JTA、青木紀将代表取締役社長)は2日午後、石垣島まつり会場の市民会館大ホールロビーで、木製コックピット模型「ミニレーター」を使ったパイロット体験を実施した。操縦桿(かん)を握った子どもたちはパイロット気分を味わった。
 JTAのミニレーターはボーイング737―800型機のコックピットを再現。日本航空(JAL)から図面を借り、JTAの整備士10~15人が仕事の合間を使い、約1年かけて製作した。

 大きさは実物の3分の2ほど。ディスプレイにはメーターなどが記されたフィルムの裏からLEDがあてられ、ボタンの配置やレバーの形状など、細かなところまで忠実に再現しているという。
 コックピットに座った子どもたちは操縦桿を左右に回したり、手前に引いたり、スラストレバーを動かしたりして楽しんだ。
 飛行機が大好きという新川小1年の嘉手川琉斗君(6)は「楽しかった。(操縦桿を)押したり、引いたりして(機体を)上にやった」と満足そうに話した。
 JTA石垣空港所の次久前翼さん(34)は「飛行機の面白さやコックピットの構造を知ってもらい、1人でも多くパイロットになってくれれば」と話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る