水道料の集金人装う 石垣で詐欺被害、注意呼び掛け

 石垣市水道部(小濵廉彦部長)が8日、水道料金の集金人を装い水道料金を騙し取る詐欺事件と思われる事案が市内で発生していると発表した。判明したのは1件で、小濵部長は「ホームページに掲載するなど、注意喚起を徹底して行う。口座振替登録の場合、直接集金に伺うことはない。何かあったらすぐに問い合わせを」と呼び掛けた。
 同事案が発覚したのは6日。被害を受けた60代女性が同部へ連絡し、職員の聞き取り調査で判明した。
 集金人を装ったのはTシャツ姿の50~60代、中肉中背の男で、「先月の水道料金口座振替が引き落としできていないため集金に来た」として、口頭で料金を請求。今年の2、3、4月の3回にわたり水道料金を騙し取った。
 不審に思った女性は3回目の4月、男に領収書を求めたところ、検針票を手渡され、それ以降は現れなくなった。被害総額は1万円余りになる。

 女性は被害の後、通帳で料金が引き落とされていることを確認していたが、今月6日になり、「二重払いなのになぜ還付の連絡がないのか」と同部に問い合わせた。職員の説明に対し「やっぱり」との反応だったという。
 水道料金の集金は▽引っ越しの際に電話で依頼されて出向く場合▽身体が不自由で周囲に頼れる人がいない場合―などを除き、原則、行なっていない。
 同部担当者は「騙し取った金額は実際の請求額と同じだった。郵便受けに届けられた請求額を見た可能性も」と話し、「職員、検針人、集金人は顔写真入りの身分証明書を携帯している。不審に感じたら身分証などの提示を求めるか、水道部へ連絡を」と呼び掛けた。現在、警察にも相談している。
 2017年度の市内での集金件数は540件(全体の2.4%)。口座振替件数は61%、納付書は24.8%となっている。
 問い合わせは℡83-4043(同部総務課)。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る