4氏出馬、30日投開票 佐喜真氏「政府と対話を」 玉城氏「翁長氏の遺志を」 知事選

 翁長雄志知事の死去に伴う知事選が13日告示され、いずれも無所属で、前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=、自由党前衆院議員玉城デニー氏(58)、琉球料理研究家渡口初美氏(83)、元会社員兼島俊氏(40)の4人が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設や沖縄振興策などを争点に、移設推進の安倍政権が支援する佐喜真氏と、翁長氏の後継者である玉城氏が激突する事実上の一騎打ちの構図。30日に投開票される。

 政権の全面支援を受ける佐喜真氏は、那覇市で開いた出陣式で「対立や分断からは何も生まれない。対話を通して県民の思いを伝えるべきところにしっかりと伝える。普天間飛行場や、那覇軍港の返還などを全てできるのは、この私しかいない」と強調した。
 給食費、保育料、医療費の無償化などの子育て支援、航空運賃軽減、北部基幹病院の整備なども訴えた。
 辺野古移設反対派が推す玉城氏は、伊江村での第一声で「国頼みではなく、沖縄の人が誇りある豊かさを築き、イデオロギーよりもアイデンティティーを大事にしようという翁長氏の遺志を受け継ぎ、辺野古に新しい基地を造らせない」と訴え、辺野古移設阻止を前面に掲げた。
 全市町村への子育て世代包括支援センター設置、諸外国との自治体外交による基地問題解決もアピールした。
 辺野古移設をめぐっては、佐喜真氏が賛否に言及せず、玉城氏は明確に反対を打ち出している。
 前回2014年知事選で自主投票だった公明は佐喜真氏支援を表明し、自民、維新との連携で保守中道勢力を結集した。
 共産、社民などの県政与党や辺野古反対の市民団体は玉城氏を後押しする。県の辺野古沿岸部埋め立て承認撤回を支持、翁長氏の「弔い合戦」のイメージづくりを狙う。
 12日現在の選挙人名簿登録者数は115万8569人(男万4791人、女万3778人)。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る