アジェンダ21感謝状授与も 県環境保全功労者表彰 4個人3団体

㊨県環境保全功労者表彰を受け表彰状を手にする4個人3団体の皆さんと関係者ら㊧おきなわアジェンダ21県民会議から感謝状を授与された皆さんと関係者ら=16日午前、石垣市総合体育館

 「エコライフ2019」では県環境保全功労者表彰式とおきなわアジェンダ21県民会議感謝状授与式が行われ、功労者表彰では石垣市在住者など4個人3団体が、感謝状授与式では3団体の功績が称えられた。

 功労者として表彰を受けたのは吉田稔さん、知念留美子さん、山崎雅毅さん、西原茂夫さんの4人と雄樋川環境保全推進協議会、特定非営利活動法人・石西礁湖サンゴ礁基金、特定非営利活動法人・夏花(なつぱな)の3団体。
 吉田さんは長年にわたるサンゴ養殖の研究や技術指導への取り組み、知念さんは宮良海岸での清掃活動、山崎さんは希少動物や景観保全活動、西原さんは営農的赤土流出防対策、などがそれぞれ認められた。
 雄樋川環境保全推進協議会は雄樋川でのごみ回収活動、石西礁湖サンゴ礁基金は赤土等流出防止対策、夏花は総合学習と連携した白保での教育活動、などがそれぞれ認められた。
 同県民会議は、地球温暖化や生物多様性などの地球環境問題に対する行動計画「みんなでつくる清ら島~おきなわアジェンダ21~」を全県的に推進する母体で、事業者や市民、学識経験者等が主体となって設置された組織。
 鳩間島周辺のオニヒトデ対策をした「八重山コーラルリーフセイバーズ」、西表島の海岸漂着ごみ回収活動をした「八重山環境ネットワーク環境ボランティア西表島エコプロジェクト」、自然観察指導員講習会などを行なった「特定非営利活動法人・西表島エコツーリズム協会」に感謝状が授与された。 

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る