陛下即位の奉祝実行委が発足 来年2月に浦添で式典

実行委の発足と、皇室の弥栄を祈念し、万歳三唱する参加者ら=19日午後、ロワジールホテル那覇

 天皇陛下御即位奉祝沖縄県実行委員会(石嶺伝一郎会長)が19日、那覇市のホテルで発足した。御即位を奉祝する目的で、2020年2月24日に浦添市の国立劇場おきなわで御即位奉祝式典を開催する。今年12月14日に開催される第43回全国育樹祭では、ご臨席される皇族を奉送迎する。
 県内の各界各層から156人が委員に就任。仲井真弘多元県知事や副知事経験者が、実行委の特別顧問に就任する。顧問には、県選出の国会議員や元議員ら、実行委員長には、県神社庁の渡慶次馨庁長がそれぞれ就任する。石嶺氏は「皇位継承式典が滞りなく行われたことを、お祝い申し上げる」と述べ、天皇皇后両陛下のご健勝と御皇室の弥栄(いやさか)を祈念した。
 実行委は式典開催に加え、今年の元旦に発表された上皇陛下の御製に感謝の意を表し、御製碑も建立する。記録誌も作成する。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る