郡外の業者に「不十分」 官民合同で建設現場パト 労働災害6件、死亡2件

官民合同建設現場パトロールを行う指導員ら=6日午前、新川

 2019年度年末年始官民合同建設現場パトロール(主催・八重山労働基準監督署、建設業労働災害防止協会八重山分会)が6日午前、市内10カ所で行われた。労基署職員と八重山分会の安全指導員ら計11人が参加。最終報告では「全般的に整理整頓されていたが、一部、郡外からの業者の現場で整理整頓や安全対策が不十分だった」との指摘があった。
 10月末時点で、八重山地区建設業での休業4日以上の労働災害発生件数は前年同期より1件少ない6件。うち死亡件数が2件ある。

 パトロール前の出発式で梅澤栄署長は「八重山では重機クレーン災害、崩壊・倒壊、墜落・転落という3大災害の2つで死亡事故が起きている。短い期間だが徹底して呼び掛けていく」と強調。
 米盛博明分会長は「八重山での死亡事故2件は非常事態。安全衛生が疎かになっていないか、厳しく指摘をしていく」と呼び掛けた。
 10月末時点の県内建設業の労働災害発生状況は休業4日以上の労働災害が169人で、前年同期より23人(15.8%)増、死亡災害は昨年同期から2人増の6人。
 沖縄労働局は先月28日、建設業と港湾荷役業で労働災害が増加傾向にあることから関係団体に災害防止対策の徹底などを図るよう緊急の要請を行なっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る