尖閣諸島行政標柱設置意見広告賛同者を募集します

 

 ※受付は終了いたしました。ご賛同いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 尖閣諸島は歴史的にも国際的にも日本固有の領土であり、沖縄県石垣市の行政区域です。明治時代から開拓が進み、周辺海域では八重山、宮古島の漁業者が長年出漁を続けてきました。しかし2012年(平成24年)の尖閣国有化を機に、尖閣諸島の領有権を主張する中国政府が周辺海域への公船派遣を開始し、日本漁船を追尾するなどの威嚇行為を繰り返しています。日本として尖閣諸島の実効支配を守り抜くための施策が求められます。石垣市は2020年(令和2年)、尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更し、2021年(令和3年)9月3日、新たな字名を表示した標柱を設置するための上陸を政府に申請しました。しかし政府は9月28日付で、申請を不許可としました。尖閣諸島の5島には、石垣市が1969年(昭和44年)に設置した標柱が現存しますが、長い歳月で風化が進んでいるとされ、新たな字名を表示した標柱に建て替えることは、国や市の責務でもあります。多くの国民の声を結集し、政府に上陸申請の再検討を求めることが不可欠です。有志の会は、石垣市を後押しするため、全国から標柱設置を求める声を募り、意見広告として掲載することを目指します。

代表世話人:仲間 均  砥板芳行  友寄永三  その他有志


《賛同者目標》
10,000人


《賛同金》
個人:1口 2,000円
団体:1口 3,000円
※氏名又は団体名を意見広告に掲載いたします。(任意)


《掲載紙》
掲載紙は石垣市の八重山日報とする。
全面広告(タテ512mm・横380mm)モノクロ刷り
※1ページあたり約1,000名の掲載が可能。賛同者の人数によっては数回に分けて掲載いたします。

掲載予定日:令和3年12月24日(金) 申込締切:令和3年12月20日(月)

※受付は終了いたしました。ご協力誠にありがとうございました。

 

 

アーカイブ

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る