地域振興に沖縄公庫助言 八重瀬町と協定「南部発展を」

協定を締結した新垣町長(写真右)と川上理事長=8日、沖縄公庫本店

 八重瀬町と沖縄振興開発金融公庫は8日、町づくりや地域振興で協力する「八重瀬町地域振興プロジェクト助言業務に関する協定」を締結した。八重瀬町が行う地域振興施策などに、沖縄公庫が金融ノウハウなどを助言、支援する。
 沖縄公庫は県の「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に合わせ、県内各市町村などを支援する「地域振興班」を2013年度に新設。駐留軍用地の跡地開発や県内企業の海外展開などを支援している。協定締結は今回で17回目。八重山3市町とも、地域振興班が新設される前の2011年に締結している。
 八重瀬町の新垣安弘町長は「南部全体の発展を考えた時、八重瀬町にテコ入れしていくことが全体の発展のためにもプラスになる」と期待した。
 県庁所在地で八重瀬町からも近い那覇の課題について「人口が密集し、車や会社が集中する。那覇以外の近隣を見つめ、広げないと課題は解決しない」と述べ、公共交通を整備して那覇へのアクセスを強化すべきと訴えた。
 沖縄公庫の川上好久理事長は、人口が増えている八重瀬町について「マーケットが拡大しているので、やりがいがある」と支援に意欲を示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹富町の西大舛髙旬町長は町議会3月定例会初日の5日、2021年度施政方針演説を行なった。基本目標の第…
  2. 琉球大学病院(西原町、大屋祐輔病院長)で5日午後、県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種が始ま…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では5日、中…

話題をチェック!

  1.  新潟県で開かれた国内最大級の野外ロックフェスティバル「フジロック」で熱唱し、米軍普天間飛行場の辺野…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る