きょうから四カ字豊年祭 新川、綱かきに奮闘

炎天下、大粒の汗を流しながら大綱づくりに精出す新川字会の若者たち=24日午後2時ごろ、真乙姥嶽前

 石垣市四カ字豊年祭が25日から2日間にわたって行われるのを前に、26日のムラプールで使う大綱引きの綱づくり(綱かき)が23日から新川の真乙姥嶽で行われ、新川字会の若者たちが炎天下、大粒の汗を流しながら全長約100㍍の大綱を完成させた。
 綱は今年の一期米のワラを使用。境内にあるアコウの木の下で男たちが3人一組になって「エイッ、エイッ」という掛け声とともに、綱づくりに奮闘。小綱を7本つくり、2日目の24日はそれを4本ずつ束ねて、大綱を仕上げた。
 「参遣状」「八重山年代記」などの古文書によると、四カ字豊年祭は1700年代ごろから始まったとされ、300年余りの歴史がある。
 初日のオンプールは各字の御嶽で奉納芸能が行われる。2日目のムラプールは登野城、大川、石垣、新川の四カ字のほか、双葉、新栄町など各団体の旗頭や太鼓が集結。今年の五穀豊じょうの感謝と来年の豊作を祈願して華やかな余興が繰り広げられる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、中国海警局の船が石垣市の尖閣諸島周辺で領海侵入や日本漁船への接…
  2.  石垣市議会(平良秀之議長)3月定例会の本会議が1日開かれ、陸上自衛隊駐屯地の水道施設整備に向けた基…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る