「沈埋トンネル」検討を 南ぬ浜町アクセス道路で要請 建設業協会支部

沈埋トンネルの検討を求める要請書を中山市長に提出する米盛支部長(中央右)ら=24日午後、市役所。右下は県建設業協会八重山支部が示した沈埋函のイメージ図

 石垣市街地から南ぬ浜町(新港地区)にアクセスする第2の道路建設構想に関し、県建設業協会八重山支部の米盛博明支部長らは24日、石垣市役所に中山義隆市長を訪れ、海底を通す「沈埋トンネル」方式を検討するよう求める意見書を提出した。一般的に橋梁に比べ総延長を短くでき、トータルコストも安く抑えられるとしている。
 沈埋トンネルは、地上で「沈埋函(かん)」と呼ばれる道路を製作し、海底でつなげてトンネルをつくる工法。
 意見書によると①台風時でも通行止めの心配がない②沈埋函のほとんどが石垣港の港湾施設でできるため、地域の資材・機材が利用できる③地上の現風景を維持できる―などとしている。

 現在のアクセス道路は橋梁方式のサザンゲートブリッジだが、意見書では、通行止めリスクを軽減するため、現在ある橋梁とは違う交通手段が望ましいとの考えも示した。
 米盛支部長によると、沈埋函を使う場合、橋梁に比べ砕石やコンクリートなどの分野で地元企業が参入するチャンスが広がる。市内の業者は沈埋函を製作した経験はないが、技術力のある企業とJV(共同企業体)を組むことで、若い技術者の養成などの効果も期待できるという。
 米盛支部長は「第2アクセス道路計画は現在のところ橋梁を想定しているようだが、沈埋トンネルも含めて慎重に検討してほしい」と要望。港湾整備は国が事業主体になるため、市から国へ働きかけるよう求めた。
 下地敏之港湾課長は、来年度、港湾計画の改定作業に入ることを伝えた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る