「周りに支えられ幸運」 県母子寡婦福祉大会 宮城さん(平得)が激励賞受賞

母子家庭激励賞を受賞した宮城佳織さん(前列右)と娘の優月(ゆづき)さん=29日午前、石垣市ひとり親家庭福祉会

 23日に那覇市の県総合福祉センターで開催された、ひとり親家庭の安定した生活の実現を目指す「第51回沖縄県母子寡婦福祉大会」(主催・公益社団法人母子寡婦福祉連合会)で、石垣市ひとり親家庭福祉会の宮城佳織さん(43)=石垣市平得=が母子家庭激励賞を受賞した。

 宮城さんは2016年度に石垣市で行われた家庭生活支援員養成講習会を受講し、母子・父子家庭をサポートする同支援員の資格を取得。
 17年からの3年間、休日を活用して就労支援講習会での保育サポーターとして託児に関わり、多くのひとり親家庭保護者の就労支援と自立に大きく貢献した。
 市ひとり親家庭福祉会(丸山さい子会長)はその積極的な参加・協力と健全な家庭づくりへの努力を評価し、激励賞に推薦、見事、受賞者16人の1人に選ばれた。
 29日、同福祉会であった受賞報告会で、宮城さんは「同じ境遇の方の力になれたらとってもうれしい。自分自身も会を含めて周りに支えられ幸運だと思う。これを励みに頑張っていきたい」と笑顔を見せた。
 丸山会長は「貴重な時間を活動に充てるのは大変だったと思う。大きく寄与してくれた」と感謝し、「(同福祉会の)会員は105人で、(石垣市の対象者の)1割ほどしか加入していない現状」と会がさらに活用されることを願った。
 同福祉会はひとり親家庭の自立や就業に向け、無料講座で資格や技能を取得できるなどのサポートを行っている。問い合わせは同福祉会℡87・5885まで。 

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る