「早めのPCR検査を」 21日の成人式前に呼び掛け 石垣市

記者会見する中山市長と石垣教育長=15日午後、市役所(アクリル板越しに撮影しています)

 新型コロナウイルス感染防止のため、参加者にPCR検査が義務付けられている石垣市の成人式が21日、市総合体育館で開催される。市教育委員会の石垣安志教育長が15日、市役所で記者会見し「参加予定者は早めの検査を」と呼び掛けた。市教委によると同日現在、参加対象者543人のうち286人が参加の意向を示しており、最終的には330~350人が参加する見込み。12日時点で43人が2回のPCR検査を終了している。

 検査は市教委いきいき学び課で事前予約する必要があり、日程に余裕がある人には2回の受検を求めている。
 かりゆし病院で2月20日から、ドライブスルーで実施。やむを得ない場合のみ成人式当日の午前7時から9時も受け付ける。検査費用は市が全額負担する。
 受検する際は、市が送付したはがきと身分を証明する保険証や学生証などを持参する。はがきにはPCR検査の受検を証明する押印欄があり、成人式の当日受付票を兼ねる。
 成人式の当日受け付けは21日午後1時から市総合体育館サブアリーナで行われ、新成人は当日受付票を提出しないと入場できない。
 保護者は新成人1世帯につき1人、メインアリーナ2階観覧席に入場できるが、電話で事前予約が必要。駐車場が限られているため、市教委は車での来場は控えるよう求めている。
 帰省できなかった人などに対し、動画ライブ配信も準備している。15日現在、71人が欠席の意向を示している。
 成人式に関し問い合わせは市教委いきいき学び課℡0980・83・0373。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る