次期振計「多角的に検討」 来年度予算の確保に努力 宮腰沖縄相

 宮腰光寛沖縄担当相は22日、内閣府で報道陣の取材に応じ、現行の沖縄振興計画の期限切れとなる2022年度以降の次期振興計画に関し「知事、市町村長をはじめ、沖縄の皆様の考えもうかがいながら、多角的に検討していく」と述べた。内閣府が3190億円を概算要求した19年度沖縄振興予算については「必要な予算の確保にしっかりと努める」と強調した。

 現在、県は現行の沖縄振興計画の総点検の作業を進めており、年度内に案を取りまとめる予定。宮腰氏は「計画の実施状況を検証した上で、次の目標として何を掲げるのかは、これから検討されると思う」と述べた。
 これまでの沖縄振興の取り組みについて、有効求人倍率の上昇や観光客数がハワイに並んだことなどの成果を列挙。一方で、県民所得が全国最下位にとどまっていることなどを課題とした。「引き続き国家戦略として沖縄振興策を総合的・積極的に推進したい」と述べた。
 県が基本設計に一括交付金の活用を要望している大型MICE(マイス)施設計画に対しては、収支や受け入れ環境の具体的な見込みが必要だと指摘した上で「現在、県と協議を行っている」と説明。県が概算要求を上回る規模の一括交付金を要望していることには「有用に活用することが厳しく求められる」と、使途を精査する考えを示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し「沖縄が日本のアジア…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る