自由な発想 議場で提言 「VR観光」「海中道路」 離島体験交流児童

小学生が西大舛高旬町長に3つの提言を行った=7日、同議場

 沖縄県主催の2018年度沖縄離島体験交流促進事業(離島版)の報告会が7日、竹富町役場議場で開かれた。同事業に参加した西表島の小学生21人が、「海中道路建設」「VR(仮想現実)で観光」「ピナイサーラの滝にジェットコースター」など、西大舛高旬町長に自由な発想の提言を行った。

 報告会には上原小学校の14人、大原小学校の7人が参加。3つの班に分かれ、3つの提言を行った。
 提言の一つ、海中道路建設は上原小児童が提案。提案理由として、▽イリオモテヤマネコの死亡事故を防ぐ▽海の景色が見える▽泳げない人でも海中がみえる―などを掲げた。
 また、大原小児童はVRを活用した西表島観光を紹介。「天気が悪い日でも景色が見られるし、海で泳いでいる感じにもなれる」と説明した。
 ピナイサーラの滝にジェットコースターを設置する案では、「10人乗り」「小学生から20歳までは500円」などの、具体的な提案があった。
 提言を受けた西大舛町長は「提言のほとんどが自然に関するもの。西表島には世界でも稀な動植物がいる。私たちが守らなければならない」とあいさつ。提案一つひとつに感想を述べ、「ピナイサーラのジェットコースターにはロマンがある。ぜひやってみよう」と述べ、会場の笑いを誘った。
 同事業は小学5年生が対象。7月から11月の間に伊良部島や石垣島を訪れ、農漁業や民泊を体験。各島との違いを学んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では12日…
  2.  八重山で新型コロナウイルス感染者が初確認されて13日で1年となることを受け、八重山日報社は石垣市の…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…

話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年4月« 3月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る