八重山南方の大地震、想定 県庁で関係機関が訓練 津波3㍍から6㍍以上

県庁4階の講堂に設置された災害対策本部内の医療本部のブース。各機関の医師や救急救命士が集まり、意見を集約した=23日、県庁

 県は23日、同日午前10時に八重山諸島南方沖で巨大地震が発生し、大津波警報が発表されたとの想定で災害対策本部を設置、運営する訓練を県庁と宮古合同庁舎で実施した。県庁内各部局や県警、陸自、空自、海保、消防、民間などの関係団体から約240人が参加し、図上訓練を行った。

 訓練では、地震発生後30分で県が第1回災害対策本部会議を開催。庁舎4階の講堂に関係機関を集め、各地被害情報の収集や応急対策の立案などを行った。発生から約6時間後までの初動対応を確認した。訓練方式は、想定される地震や津波被害を参加者に事前に公開しない「シナリオ非開示型」で行われた。
 訓練で想定された地震の規模はマグニチュード9・0で、最大震度は6弱。津波の高さは3㍍から6㍍以上。
 参加者は、訓練開始後、時間の経過と共に状況が変化する中、適切に情報を処理、関係機関とやり取りし、対応策を検討した。コントローラーと呼ばれる訓練を管理する部門からの情報を基に、進められた。
 訓練は午後3時に終了し、その後、振り返りが行われた。訓練は那覇空港が使えない状況で行われたため、米軍の嘉手納・普天間両飛行場を使用。輸送機など固定翼機の離発着を可能にするため、米軍との調整が必要など課題は残った。携帯電話などが不通になり、通信手段がなくなったため、衛星電話が必要になったが、県庁に設置されておらず、大きな課題とされた。
 新石垣空港は、震災発生後に使用できないことが判明。対策本部は、新石垣病院に近い旧石垣空港跡地に拠点を設置し、県外の災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣。連絡などをスムーズに行ったことが評価された。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る