首里城再建へ意見交換 県が有識者懇談を設置

冒頭であいさつした玉城デニー知事=28日、首里社館

 県は28日、首里城復興基本方針に関する有識者懇談会(会長・下地芳郎沖縄コンベンションビューロー会長)の初会合を首里社館で開き、歴史、文化、観光の専門家8人が議論した。
 玉城デニー知事は冒頭、「委員の皆様のご意見をうかがいながら、今年度中に首里城復興基本方針を取りまとめ、早期復旧・復興に向け取り組んでいきたい」とあいさつした。「数多くの支援が寄せられ、復旧を願うすべての人々の励みになっている」とも強調した。
 首里城の活用について委員からは、観光地として「見る」だけではなく「どう使うか」という視点で再建に取り組むべきとの意見が出た。具体的には「経世門を核とする周遊ルートの活用」「32軍壕の歴史学習への活用」「組踊や伝統芸能を見せる施設としての整備」などが挙がった。

 消失前に展示室として使われていた南殿やミュージアムショップもあった北殿の使い方について「南殿にあった収蔵庫を防災上の観点から、首里城のエリア内から出して保管してはどうか」「南殿、北殿の使い方を改めて検討すべきでは」との声も出た。
 県民の関心を継続するための取り組みについては「小中学生に復元工事中の行程を見せ、学習の機会にしては」という提案もあった。
 下地会長は「新しい時代の首里城について議論し、観光の対象エリア拡大や、文化の復興について次回以降議論していきたい」と述べた。有識者会議の副会長には名桜大学の波照間永吉教授が選ばれた。
 有識者懇談会では年度内に3回開催される予定。
 県は、1992年の沖縄復帰20周年を記念して主要施設を復元した前回計画の踏襲を原則とし、防火対策の強化も柱とする基本方針を既に決定している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る