4~7月の観光客9割減 消費額も急落、ОCVB推計

記者会見で4~7月の観光推計を発表したOCVBの下地会長=21日、沖縄産業支援センター

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は21日、4月から7月まで4カ月間の観光推計を発表した。新型コロナウイルスの影響で、入域観光客数は前年同期比で306万人(87・2%)減、観光消費額は同2319億円(85・5%)減に落ち込むとの見通しを示した。
 沖縄産業支援センターで記者会見した下地会長は「沖縄観光は打撃を受けており、影響も長期化している。非常に危機的な状況だ」と指摘。感染の第2、第3波も想定され「観光客が急激に戻る状況ではない」と指摘した。
 現状について「観光客誘致をすぐには始められない」と述べ、県民の県内旅行を促進すするため「県に助成をお願いしている」と説明した。
 石垣市は観光客の受け入れを6月から開始したい意向を示している。下地氏は「県内の旅行会社に市の方針を伝える」と述べた。
 県外と沖縄を結ぶ航空便は、6月下旬から本州の地方空港と那覇空港を結ぶ「ローカル線」が一部で再開される可能性がある。だが首都圏と沖縄を結ぶ便の運航は7月以降も見通しは不明。下地氏は「6月から急激に便数が増えるとは思えない」とした。
 海外路線では、台湾が10月以降に国際便を再開させる可能性がある。下地氏は「注目しているが、状況次第だ」と明言を避けた。
 観光推計は、県や航空会社、宿泊施設の前年値などを基に算出された。 

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る