狂犬病予防注射に協力を 昨年度ようやく50%超 石垣市

狂犬病の予防注射を受ける犬=27日午前、中央運動公園第2野球場北側駐車場

 石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法では犬の飼い主に対し予防注射の義務を定めるが、市の予防注射実績は昨年度50・4%と、過去70%超の全国平均を大きく下回っている。

 狂犬病は狂犬病ウイルスの感染による人と動物の共通感染症。
 人が発症した場合の致死率は100%で、全世界で毎年3万5千~5万人程度が狂犬病で死亡している。現在、発症後の有効な治療法はない。
 市の犬の登録件数は25日現在、3289頭。
 狂犬病予防法第5条では「狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない」と定められているが、市の予防注射実績は2019年度に50・4%と、過去実績で70%を超えている全国平均を大きく下回っている。
 県内市町村別でみても、19年度実績で70%超は41市町村中9自治体のみで、市は28番目に留まる。
 19年度県平均は51・6%、八重山では竹富町53・4%(23番目)、与那国町34・0%(39番目)だった。
 市は27日午前、中央運動公園第2野球場北側駐車場で犬の狂犬病予防集合注射を行なった。
 市環境課の識名量史さんは「やっと50%を超えたが、狂犬病を広めないためには70%以上が必要」と強調。「県は全国的にみても注射率が低い。八重山に近い台湾は狂犬病発生地域なので、八重山で抑えるためにもご協力を」と呼び掛けた。
 28日以降は、各地区の公民館などで順次実施される。
 市は毎年6月頃に開始しているが、今年は新型コロナの影響で時期がずれ込み、この時期での実施となった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る