海警法施行、高まる脅威 尖閣、武装艦船の写真入手

尖閣周辺で領海侵入し、日本漁船に接近した「海警2302」。丸で囲んだ部分が機関砲のような武器=昨年12月26日、仲間均氏撮影

 八重山日報社は3日、石垣市の尖閣諸島周辺に出漁している漁業者で、市議の仲間均氏が撮影した中国海警局の艦船の写真を入手した。中国は1日から海警法を施行し、中国海警局の艦船に武器使用を認め、日本漁船への脅威が高まった。艦船の写真には、赤く目立つよう塗装された機関砲のような武器が写っている。
 仲間氏ら4人は昨年12月26日、漁船「鶴丸」に乗船し、南小島の南南東で操業した。そこへ中国海警局の艦船2隻が領海侵入し、鶴丸に接近、追尾。仲間氏はこの際、艦船を撮影した。
 第十一管区海上保安本部によると「鶴丸」に接近したのは、機関砲のような武器を搭載した「海警2302」のほか「海警1401」。
 写真では「海警2302」の船体が鮮明に捉えられており、周辺海域が中国の領海だと主張する電光掲示板も見える。
 中国海警局の威嚇行為に対し、海保は巡視船を鶴丸周辺に配置し、漁業者の安全を確保した。
 仲間氏は「海警法が施行されたから漁に行けないということはない。日本の領海で漁をすることには何の問題もない」と強調。「『海警』に対しては国がしっかり対応すればいい」と話した。早ければ今月中旬にも、再び尖閣周辺に出漁したい考えも示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では2日、中…
  2.  石垣市の尖閣諸島に、鹿児島県から出漁する漁師がいる。同県喜入町漁協所属の「第八みつ丸」船長、宮崎卓…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域で中国海警局船が領海侵入や日本漁船への接近を繰り返している問題を巡り、2日…

話題をチェック!

  1.  日台交流をすすめる会(廣瀬勝代表)は23日、浦添市てだこホールで日本と米国、台湾の安全保障関係者を…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る