各国大使招き平和発信 鐘設置30周年で前夜祭 石垣市

キャンドル台にろうそくを置く各国の大使ら=9日午後、新栄公園

 石垣市の新栄公園に世界平和の鐘が設置されて30周年となることを記念して、18の国・地域、1国連機関から大使などを招いた平和発信イベント「ピースベルアイランド・イシガキ2018」(主催・同実行委員会)の前夜祭が9日午後5時半から、同公園の特設会場で開かれた。小雨が降るあいにくの天気となったが、各国大使などがキャンドルで「PEACE」(平和)の文字をつくり、鐘楼がライトアップされた。10日は午前10時から記念式典が開かれる。

 各国大使などが見守る中、特設ステージで金城弘美さんが「とぅばらーま」などを披露。中山義隆市長は「これからも引き続き、最南端の地から世界へ向けて平和の鐘を響かせていきたい」とあいさつした。
 各国大使たちは小中学生にエスコートされ、一人ひとりキャンドル台にろうそくを置いた。鐘楼がライトアップされると、出席者から拍手が起こった。
 前夜祭に続き、市内ホテルで歓迎夕食会も開かれ、リカ・トゥモールさんのミニコンサートなどが繰り広げられた。
 10日は石垣市民会館で開会アトラクションが行われ、市出身の歌手、成底ゆう子さんらが出演する。新栄公園に会場を移し、各国大使らが小中学生にエスコートされ、鐘打を行う。交流昼食会も予定されている。
 世界平和の鐘設置は1954年、中川千代治氏が国連加盟国から提供されたコインやメダルで鐘を鋳造し、ニューヨークの国連本部に寄贈したことが始まり。1988年、北海道稚内市に国内で初めて設置され、友好都市提携している石垣市にも引き続き設置された。終戦記念日などに鐘打式が行われ、平和を愛する石垣市民のシンボルとなっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る