きょう昼過ぎ暴風域に 空、海の便に乱れ 台風9号

台風襲来に備え、店舗にネットをかぶせる人=7日夕、石垣市

 大型で強い台風9号は7日、石垣島の南東の海上を時速15キロで北北西に進んだ。8日午後3時には石垣島の南南東約180キロで「大型で非常に強い台風」に発達、石垣島地方は同日昼過ぎ、与那国島地方は同日夕、相次いで暴風域に入る見込み。気象庁は沖縄で8日から9日にかけて暴風やうねりを伴った高波、大雨や高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 8日は空、海の便の欠航が相次ぐ見込みで、住民生活や観光産業には大きな打撃、農作物被害も懸念される。
 台風の最接近は石垣島地方が9日未明、与那国島地方が9日午前7時ごろ、暴風域から抜けるのは石垣島地方が9日昼過ぎから夕方、与那国島地方が同日夜の見込み。
 沿岸の海域はうねりを伴い、石垣島地方は大しけになっている。8日から9日にかけて、猛烈なしけとなる見込み。
 石垣島地方では、8日は多い所で1時間に80㍉の猛烈な雨が降り、八重山は、9日にかけて大雨となる見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要になる。
 7日午後6時からの24時間に予想される雨量は、多い所で100㍉、8日午後6時からの24時間に予想される雨量は、多い所で200から300㍉。その後も10日にかけてさらに雨量が多くなるとみられる。
 7日、石垣市の離島ターミナルでは、旅客船などが岸壁に厳重に固定された。市街地では店舗や事業所が窓ガラスにネットをかぶせるなど、台風対策に追われた。
 石垣空港は、台風襲来を前に帰路を急ぐキャンセル待ちの観光客などで混雑した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る