【視点】日韓悪化の余波 沖縄観光にも

 日韓関係悪化の余波が沖縄にも及んでいる。県が発表した8月の入域観光客数は102万1200人と対前年同月比で1万6700人(1・6%)減少したが、中でも韓国客は、同44%減の2万3500人と減少幅が大きかった。県は韓国人の訪日自粛や航空路線の減便を理由に挙げ、9月以降も引き続き厳しい状況を予想している。
 8月に沖縄を訪れた外国人観光客は台湾と中国本土からが全体の6割以上を占め、韓国からは8・3%で香港の10・6%に次ぐ。ただ民主化デモの影響で香港客も減少している。国内客は横ばいだが、外国客は同5・7%減になった。
 沖縄観光は全体としては堅調に推移しており、韓国客と香港客の減少が「ダブルパンチ」とまでは言えないが、今後に不安を残すことは事実だ。
 沖縄観光コンベンションビューロー(ОCVB)は9月27日、韓国ソウルで「沖縄セミナー・商談会」を開き、改めて沖縄をアピールした。玉城デニー知事も記者会見などを通じて韓国語のメッセージを発し、沖縄を訪れるよう呼び掛けている。
 韓国客の減少を食い止めるため、行政や民間として、できる限りの努力を尽す意気込みは買う。しかし費用対効果を考えれば、空回りの可能性が高いのではないか。
 日韓関係の悪化は直接的には徴用工問題に端を発しているが、根底には日韓の歴史認識の違いや、韓国での長年にわたる反日感情の蓄積がある。文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生をきっかけに反日マグマが噴出したとも言える状況だ。文政権後に期待を寄せる声もあるが、いったん解放された反日パワーは次期政権でも容易に引っ込めることはできまい。
 訪日客数の回復は短期間では望めないどころか、中長期的に続く可能性が高いと見るべきだろう。

固定ページ:

1

2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る