高宮城氏「ネットは公の場」 白保小中で情報モラル講習会

高宮城氏㊨の話を真剣に聞く生徒ら㊧=29日午前、白保中学校体育館

 SNSを中心としたインターネットの利用に伴うトラブルを防ごうと、白保中学校PTAが29日、「情報モラル講習会」を同中学校体育館で開いた。
 講師はネット健康問題啓発者全国連絡協議会公式インストラクター、高宮城修氏。高宮城氏は▽侮辱罪▽名誉毀損罪▽脅迫罪▽自殺関与罪―など、中学生が警察に補導された罪状を例示し、「ネットは公の場。例えば『知られたくないこと』をラインに書けば名誉毀損罪になる」と注意を促した。
 白保中学校生徒59人を対象にした講習会では、長時間スマートフォン(スマホ)を使用することによって生じる弊害を紹介。
 右眼や左眼の黒目が内側に寄って戻らなくなる「急性斜視」を説明し、「立体感、遠近感に異常が起き、スポーツも下手になる」として、▽スマホを目から30㌢以上離す▽1時間以上使用したら10~15分休憩―とアドバイスした。
 世持結生生徒会長が代表してお礼を述べ、「これからのネット社会では犯罪に巻き込まれる確率も高くなる。気を付けたい」と決意した。
 この日は同校3~5年児童(58人)や職員・保護者を対象とした講習会もあった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹富町の西大舛髙旬町長は町議会3月定例会初日の5日、2021年度施政方針演説を行なった。基本目標の第…
  2. 琉球大学病院(西原町、大屋祐輔病院長)で5日午後、県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種が始ま…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では5日、中…

話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る