タブレット端末で応対 琉銀、新システム公開 年内に全店舗に導入

実際にタブレット端末を活用した行員と客とのやり取りも公開された=21日午後、琉銀若狭支店

 琉球銀行(川上康頭取)は21日午後、那覇市内の若狭支店でタブレット端末を活用した新しい接客手法「FTBタブレットシステム」を公開した。窓口業務の円滑化を目指し、来店した個人客と応対する行員はタブレット端末を活用。待ち時間の短縮や事務・役職員の手続きを簡素化する。口座開設やカード発行などの個人客向け業務の50%以上を新システムで行う。全店舗には11月までに導入を目指す。
 従来の銀行業務では、客は来店時に整理券を配布され、窓口に呼び出しがあるまでロビーで待機する必要があった。

 FTBでは、受付時にタブレット端末を活用して、客は窓口に行く前にカードや通帳で個人情報を支店に提供し、利用するサービスを選択する。提供を受けた個人情報や顧客が選択したサービスの情報を行員が持つタブレット端末で共有。窓口で応対する前から顧客把握などを行い、時間と事務処理を短縮させる。
 窓口では、タブレット端末を活用し、サービスに必要な事項を客が入力。行員がサポートし、今まで以上に円滑なコミュニケーションを図り、窓口サービスの向上を目指す。
 先行導入した店舗では、FTBにより、対象業務の事務処理時間が半減し8分程度で完了したなど効果が出ているという。将来的には窓口もなくし、ロビーで接客する方法も検討している。
 川上頭取は「行員の事務処理負担をなくし、お客様に本当に必要なサービス、商品を提供したい」と話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る